幸せ、希望、喜びの相関

こんばんわ、もっちぃです。

昨日は、NYライフバランス研究所 さんの「ポジティブ心理学実践研究会」に参加してきました。

学問として「幸せ」を研究しておられる、ステキな松村亜里さん☆

人は幸せだから笑顔になれるんですよね! そのために必要なこと、もっちぃがお伝えしてきたことも多く含まれていましたが、

理論に基づいてお話されたので、とても腑に落ちました。

そして「希望」というのが昨日の講演のテーマでありました。

この時期にこそ、希望が必要ですね! 人は(将来に対する)希望があるから幸せになれる。

もっちぃが思うには、そこには「喜び」も関連すると思います。

希望が実現してもしなくても喜び(環境に左右されない心)を持てれば、幸せでいられるんじゃないかなと思います。

 

 「喜びに満ちた心は良い薬になる」 という言葉の通りですね!

 

亜里さんのお話で心に響いたのは、「希望は育てられる」 ということです。

つまり、希望・喜び・幸せは人に与えてもらう(こともあるけど)だけじゃなく、自分で育てられる、成長させられる、ということですね!

自分ができるアクションを考えて、一つずつ実践していけたらいいですね!

 

もっちぃは、喜び=感謝を育てるために、最近やっていなかった「良かったこと日記」を再開したいと思います。 

1日のよかったこと、感謝できることを最低2つ書いていきたいと思います。

あなたご自身は、どんなことで希望・喜び・幸せが育てられると思いますか?